新生児ニキビの原因と対策

新生児ニキビってどうしてできるの?

 

 

新生児ニキビというのは、生後2週間〜3か月程度の間に出来るニキビの事を指します。
赤ちゃんに出来てしまう新生児ニキビは、見ていてもとてもかわいそうですよね。
何故、新生児にニキビが出来てしまうのでしょうか。
新生児ニキビが出来てしまう原因や対処法など、知っておくと便利なポイントをご紹介致します。

 

 

新生児ニキビの原因と対策まとめ

 

 

新生児ニキビ原因は、このような原因があります。

 

・汗や皮脂が毛穴に詰まる
汗や皮脂が多く、それらが毛穴に溜まってしまう事でニキビ化してしまいます。

 

・ママのホルモンン影響で出来やすい
まだお腹から出てきてそんなに経っておりませんので、お腹に居た時代のママのホルモンの影響の皮脂を毛穴に停滞している事も原因となってしまいます。
その皮脂が皮脂腺を反応させて刺激し、ニキビが出来上がってしまいます。

 

・寝具などの肌に触れるアイテムの汚れの不衛生さ
肌に触れる寝具などのアイテムが汚れていると、デリケートな赤ちゃんのお肌は即座に反応してしまい、毛穴にバイ菌を与えてしまいニキビを作ってしまいます。

 

これらの致命的な3つの原因により、簡単に新生児ニキビが出来上がってしあいます。
新生児ニキビをケアする為には、その肌状態に対し足りない要素を補ってあげる事が必要となります。
この様なケア方法で、私生児ニキビを改善していきましょう。

 

・清潔にする
清潔にしてあげる事で、新生児ニキビが出来てしまう要素を取り除く事が出来ます。
こまめに洗顔やお風呂に入り、常に清潔な状態へと導きましょう。
この際、洗顔フォームや石けんは使わないようにしましょう。
それらは新生児ニキビに負担をかける恐れがありますので、絶対に使ってはいけません。

 

・保湿ケアをしてあげる
ニキビというのは、お肌の保湿が少ない場合に発生してしまいます。
新生児はお肌が不安低であり、保湿力に乏しい可能性がございます。
化粧水等でしっかりスキンケアをし、クリームでしっかり閉じ込めて万全な保湿ケアを行うようにしましょう。
赤ちゃん用の、デリケートなスキンケアを採用しましょう。
極力乾燥肌状態とする事無く、お風呂から上がったり洗顔後にはすぐにスキンケアを行うようにしましょう。
この時、添加物は配合していないスキンケアを採用し、オーガニックスキンケアがオススメとなります。

 

・肌負担の少ないスキンケアの採用
ニキビができやすい肌には、肌負担は禁物となります。
肌負担を極力与えないスキンケアを採用し、サッと付ける事が出来るスキンケアを採用しましょう。

 

 

お肌に合った商品を選ぶコツとは!?

 

 

ニキビ肌の赤ちゃんに選ぶスキンケア商品は、ニキビ肌に負担を掛けないスキンケアとしましょう。
少しでもニキビ肌に負担がかかってしまうと、なかなか改善しません。
壊れ物を触るかのように、手厚く対応できるスキンケアを選定しましょう。
ニキビ肌に似合ったスキンケアは、これらのポイントより選びましょう。

 

・添加物等の不要成分は一切配合していない
ニキビ肌には、余計な成分は毒です。
絶対に与えてはいけないので、添加物等の不要成分が配合されていないスキンケアを選びましょう。

 

・優しい成分で優しく響かせるスキンケア
ニキビ肌というのは、想像をはるかに超えたデリケート肌となっております。
赤ちゃんなのでただでさえデリケートなのに、ニキビ肌になっていたらなおさらデリケートな肌質状態となっております。
そのような超デリケート肌には、お破断優しく響く成分のスキンケアを採用してあげなくてはいけません。
オーガニックスキンケアなど、成分にとことんこだわったスキンケアがオススメとなります。

 

・肌摩擦を与えないテクスチャー
ニキビ肌ですので、むやみに肌摩擦を与える事は悪化とつなげてしまいますので、オススメ出来ません。
余計な肌摩擦を与えない、軽く付ける事が出来るスキンケアが理想的です。

 

この3つのポイントに該当しているスキンケアは、アロベビーのスキンケアです。
赤ちゃんのニキビ肌に大変優しい響き方をしますので、安心してご利用出来ますよ。