アロベビー 虫除け 妊娠中

アロベビー(虫除け)を妊娠中に使ってもいい?

 

 

アロベビー(虫除け)は0歳の赤ちゃんからつかえるオーガニックミストです。
紫外線対策と虫除け対策両方に使えるので、赤ちゃんとの外出時にシュッとひと吹きするだけで便利と話題になっています。
また、UVカットのための合成紫外線吸収剤や虫除けの化合物ディートが含まれておらず、天然由来原料だけを使用しています。

 

 

無添加、無香料、無着色の100%天然由来オーガニックなので赤ちゃんでも安心して使えます。

 

アロベビー(虫除け)は赤ちゃんだけでなく、妊娠中のプレママも一緒に使えるとのことです。

 

妊娠中は女性ホルモンの量が急激に変化し、肌質が変化したり、刺激に敏感になったりすることがあります。
汗や皮脂が増える人もいれば、乾燥して肌がカサつく人もいるなど変化は様々です。

 

メラニン色素が増えてシミ・ソバカスができやすくなったり、紫外線に敏感になることもあるので、紫外線対策は万全にしたいところです。

 

 

ただ、妊娠中は普段より肌が敏感になっている可能性があるので、できるだけ低刺激の化粧品や日焼け止めを使う必要があるのです。

 

赤ちゃん用に作られたアロベビー(虫除け)なら、SPFも低く妊娠中のプレママにもピッタリということです。

 

アロベビー(虫除け)はオーガニック認証団体の世界基準ともいえるエコサート認証取得基準処方なので、客観的な観点からも、安全・安心の商品と言えそうです。

 

 

妊娠中でも問題ありません。その理由は・・・

 

 

アロベビー(虫除け)には虫除けのための成分として、化合物ディートに代わるものとして、レモングラスやカニナバラ果実エキス、ローズマリーといった天然由来の成分が含まれています。

 

ただ、レモングラスやローズマリーには殺菌力や虫を寄せ付けない働きがあるみたいですが、妊娠中に使っても問題ないのでしょうか?

 

レモングラスやローズマリーは濃度が高い純粋な精油の状態の場合、妊娠初期などは直接塗布したり吸引して使用しないほうが良いと一般的に言われています。

 

 

しかし、アロベビー(虫除け)に配合されている成分は濃度が低く、塗布しても吸引しても安全な濃度になっています。

 

医師から指示を受けているなど、特別なケースを除いては妊娠中でも問題ないということです。
このようにアロベビー(虫除け)では、天然由来の成分に関しても、敏感な肌のお母さんや赤ちゃんでも使える配合で作られているのです。

 

 

アロベビー(虫除け)は今から準備をしておくべきかもしれませんね

 

 

アロベビー(虫除け)は赤ちゃん用の日焼け止めでもありますが、お母さんの妊娠中から始めるのが一番良いのではないでしょうか?

 

妊娠中もそうですが産後も女性ホルモンのバランスは乱れが続きます。
産後は疲労や睡眠不足、ストレスで肌が弱っている時期でもあるので、肌につけるものは低刺激のものを選んだ方が良いのです。
産後しばらくの紫外線対策は、赤ちゃんと一緒にアロベビー(虫除け)でケアするのがベストでしょう。

 

 

このようにアロベビー(虫除け)はお母さんの妊娠中から産後、そして次は赤ちゃんとずっと使うアイテムになります。

 

出産前後の忙しい時期に慌てて低刺激の日焼け止めを探すよりも、余裕のある今のうちからアロベビー(虫除け)を試しておくと良いかもしれません。
まずは自分のお肌で試して、安心して使えることが分かった上で、赤ちゃんにもつけてあげたいですよね。

 

アロベビー(虫除け)はお客様アンケートで満足度が96.7%と、多くのお母さんから高評価を得ています。
ただ、やはり自分や赤ちゃんのお肌に合うかは、試すまでは不安に感じてしまいますよね。
アロベビー(虫除け)なら30日間の返金保証があるので、じっくりと試すことができます。

 

お肌が敏感になっている妊娠中や出産前後のお母さん、そして赤ちゃんには紫外線対策は必須です。
すぐに対応するためにも、最適な紫外線ケアを今のうちから準備しておくべきかもしれませんね。