乳幼児 アロベビー 虫除け

乳幼児にアロベビー(虫除け)を使っても大丈夫?

 

 

アロベビー(虫除け)は乳幼児向けに作られた、UVカットと虫除け対策が同時にできる多機能スプレーです。

 

虫除けはともかく、乳幼児に日焼け止めは必要なのでしょうか?

 

ひと世代前までは子供の日焼けは健康の証とされ、特に問題視されていませんでした。
しかしそれは間違いであり、紫外線は子供、特に皮膚が薄く、バリア機能が未成熟な新生児から乳幼児のお肌に悪影響を与えることが分かってきました。

 

 

そして赤ちゃんの頃から紫外線対策をするのが常識になりつつあります。

 

赤ちゃんの頃は肌が薄いので、普段少し外出するだけでも紫外線のダメージを受けてしまう可能性があります。
肌の表面が日焼けしてしまうほか、皮膚の深い層まで紫外線が浸透して機能が破壊される危険もあります。
症状としては日焼けによる肌のほてり、乾燥、免疫力の低下、さらには皮膚がんや白内障の発症率を高めることが考えられます。
また、すぐに症状が出なくても成長してから影響が出ることも考えられます。

 

 

このように乳幼児には大人以上に紫外線対策が重要なのです。
しかし、大人が使っている日焼け止めを赤ちゃんにそのまま使うのは禁物です。

 

大人が使っている日焼け止めは赤ちゃんにとっては刺激が強すぎて、逆にお肌にダメージを与えることになりかねません。
アロベビー(虫除け)は乳幼児向けに作られた無添加、無香料、無着色のオーガニックスプレーです。

 

赤ちゃんでもつけられるよう、100%天然由来、純国産オーガニックで、肌へのやさしさに徹底的にこだわって作られています。

 

 

乳幼児でもつけることが公式サイトにも明記されています!

 

 

「子供は大丈夫かもしれないけど、乳幼児でも本当に大丈夫?」

 

肌が敏感な乳幼児でも本当に安全なのか不安に感じてしまう方は、実際に公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。
公式ページでは商品名のすぐ下に「0歳から使える」と明記されています。

 

さらにアロベビー(虫除け)がなぜ0歳から使えるか、という根拠についても説明してあります。
公式サイトの内容をこちらで簡単に紹介していきます。
まず、UVカットのための合成紫外線吸収剤が不使用で、天然由来原料だけを使用しています。

 

 

アロベビー(虫除け)はSPF15と、数値が低めになっていますが、それはお肌への負担を最小限にしている証拠です。

 

大人向けだとSPF50の日焼け止めがありますが、SPFが高ければ高いほどお肌への刺激も強くなってしまうのです。
大人の肌ならSPF50でも大丈夫かもしれませんが、デリケートな赤ちゃんに使うのはダメージが大きい数値です。

 

ちなみにSPFは紫外線を浴びてから日焼けをし始めるまでの時間の指標です。
赤ちゃんは汗をかきやすいですし、何度も塗り直すことでSPF15で対応することが十分可能です。
SPF15というのは、赤ちゃんの紫外線防止とお肌への影響のバランスを考えて作られた結果なのです。

 

 

また、虫除けとしてよく使われている化合物ディートも含まれていません。

 

レモングラスやローズマリーといった植物由来成分のみで虫除けの機能を発揮しています。
アルコール、合成ポリマー、シリコン、鉱物油、石油系界面活性剤などは一切不使用と徹底しています。

 

アロベビー(虫除け)はベビーグッズ製造50年以上の実績を持つメーカーの協力のもと作られています。
開発から生産まですべて日本なので品質も安心できそうです。

 

 

使わない方が勿体無い!アロベビー(虫除け)の使い方

 

 

アロベビー(虫除け)は使い心地にもこだわって作られています。
クリームではなくミストタイプなので、動き回る赤ちゃんにも短時間で塗ってあげられますし、外出中でも塗り直しが簡単です。
使い方はとても簡単で、15センチ程離したところから肌の露出部分に吹きかけ、広範囲にまんべんなく伸ばしてあげるだけです。

 

 

白浮きもしにくくなっているので、無理に伸ばす必要もありません。

 

なにより、紫外線対策と虫除け対策がこれ一つでできてしまうので、お出かけの準備が一気に楽チンになるのです。

 

安心して簡単に使えるアロベビー(虫除け)を試さない手はありませんよね。
アロベビー(虫除け)なら安心の30日間返金保証まで付いているので、この際に試してみてはいかがでしょうか?